@ナシログ

趣味のプラモデル制作日記です。

トヨダAA (6)  

トヨダAAはデカールを貼ります。

DSC00472_20160229232401c09.jpg
銀色のデカールは初めてかもしれません、普通のデカールより少々厚いような感じですが、きれいに貼れるのでしょうか? 



細いストライプも何とか貼りましたが、線が細すぎて貼るのが大変です、箱絵を見ると たぶんボディのプレス凸面の頂点に貼っていくと思うのですが、うまく貼れなかったので凸面の少し上に貼っていきました、ストライプ&銀のデカールはデカール糊だけではやや弱い感じもあり、マークソフターも使用しました。
スポンサーサイト

category: 国産旧車

tb: 0   cm: 0

ハンディワゴン (1)  

アスカモデルさんのミニチュアスパイスシリーズ「ハンディワゴン」を製作し始めました。

DSC00083_20160127122720f41.jpg
アメリカンな赤い あれ です。

アスカモデルさんは模型王国静岡のモデルメーカーでAFVモデラーには旧名タスカモデリズモでおなじみのメーカーですが、近年はホィールやハンディワゴン等、自動車模型関連の”かゆいところに手が届く”パーツをリリースされているカーモデラー注目のメーカーです!

早速、トヨダAAの製作の合間にボディの赤とフレームの黒を塗装、赤色は白を下地にMrカラーの大瓶 ハーマンレッドを吹きました。

DSC00474.jpg

トヨダAAは付属のドライバー人形を小改造、肩幅を削り脚は外側に広げました。

category: 模型

tb: 0   cm: 0

トヨダAA (5)  

トヨダAAは 内装もほぼ塗り終わり、ついでにエスハチのボディも2回目を塗装、前回より青を強くしてみましたが、なかなかいい感じです。

DSC00467.jpg

トヨダAAのマスキングテープをはがしたら、マスクした箇所に流れこんでいました、、、


曲面や凹凸面のマスキングは丁寧にやらなければならないのですが、いつも急いでサクサク進めてしまうので失敗します。それをリカバリするのに余計に時間がかかり、「初めから丁寧にやれば、、、」 と いつも思います。

category: 国産旧車

tb: 0   cm: 0

アウディ90  

ここ ン10数年で、もっともイメージが(良く)変わった自動車メーカーはドイツのアウディです。
昔はオジサンが乗る車というイメージでしたが、最近はおしゃれでちょっとお金持ちの人が乗る車というイメージに変貌したアウディの戦略はとても凄いなぁと思っていて、中でもA1やA3や新型TTなどカッコいい車が多いです。

そんな中、先日の東京旅の中でフジミさんのアウディ90を購入しました。
箱無し、ボディ割れで1000円以下、箱はすぐ作るからいらないし、ボディも何とかなりそう、、、です。

DSC00461.jpg  DSC00466.jpg

この車はそんなおしゃれなアウディ以前の車種ですが、最近こういう車にも興味が出てきて、センスよく作れば意外とカッコよくなるのかなぁと、それを目指し早速製作していきます。

category: ドイツ車

tb: 0   cm: 0

トヨダAA (4)  

トヨダAAはボディの2色目を塗装。

色は適当に黒+青少々+銀2滴

DSC00457.jpg

さくさく進めます。

category: 国産旧車

tb: 0   cm: 0

横浜オートモデラーからのワンフェス2016冬  

先日の土曜日と日曜日で横浜オートモデラーの集いとワンフェスに行って来ました。

昨年の横浜には数点の完成品を持って行ったのですが、今回は電車移動の為なるべく荷物を減らしたく作品は持ち込まず見学のみでした。

DSC00130.jpg

会場へは昼過ぎに着きましたが昨年よりも混雑&盛り上がっているという感があり、見学のみの自分は乗り遅れた感というか置いてきぼり感を強く感じました、やはり1台でも完成品を並べたいですね。

皆様の作品をみつつ、写真をとりつつ、モデラーさんと話しつつ、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

その後、会場を後にして電車を乗り継ぎ東京水天宮へ、御礼参りとお守りを買い秋葉原に戻って模型店をまわりました。

DSC00413.jpg

夕方にモデラーDさんと待ち合わせ お勧めの模型店を一緒に回り、お酒を飲みながら模型トークで盛り上がりました。
昨年の横浜で初めて知り合ったのですが、その時 今度は飲みに行きたいね と約束し、ようやく1年越しに達成することが出来ました。

次の日はワンフェスに行きました、ほとんどブースの店番だったので会場全てをゆっくり見てまわる事は出来ず、めぼしい箇所だけピンポイントで見にいきました、車模型関連ではハセガワ模型のN360の完成品が展示されていて、早く作ってみたいですね。

DSC00414.jpg

オートモデラーの横浜会場でもそうでしたが、特に同年代モデラーさんとの会話は刺激になります、自分ももっとを模型を作らねばという気持になります。ワンフェスでもディーラーさん達の展示品を見るたび自分で作ったものを出品したいといつも思うのですが、その先の一歩がなかなか出ず 今年こそは(毎年言ってる、、、)何か作ってまず一歩踏み出そう と思える2日間でした。

category: イベント

tb: 0   cm: 0

トヨダAA (3)  

トヨダAAは先日の白塗装で失敗し、表面のホコリを1500番のペーパーでやすり、そのままMrカラーのクールホワイト+黄色を3滴混ぜた色で塗装しました。
 
小皿に混ぜた黄色の色味が少し強いようにみえたが塗装してみると なかなかいい色です。

DSC00129.jpg

トヨダAAの画像をネット検索してみると、トヨタ自動車が1996年に製作したAAの外観はそのままにしたトヨタ・クラシックという車やハイラックスをベースにしたピックアップタイプのTCピックアップという車種まであって模型のネタ的に面白いかと思いましたが、今回はそのまま2トーンの素組みで行きます。



category: 国産旧車

tb: 0   cm: 0

模型製作 H28 2  

このところ 引っ越し作業中に発掘した以前の作りかけキットを再び作りだしています。
タミヤさんのNSX GTカー(レイブリック)のボディが白で塗装されていたが、接着箇所で割れていた状態のキットがあったので そこから再び作り始めます。 
DSC00119.jpg
パテを盛って
DSC00127.jpg
トヨダAAと共に白塗装。

トヨダAAのほうはサイドだけ塗装したのですが、塗料が薄くてのらないし、ホコリが塗装表面に着きまくるし、さんざんです。

最近のエアブラシ作業は失敗ばかりです。

category: 模型

tb: 0   cm: 0

トヨダAA (2)  

脚回りはABS樹脂なのでタミヤさんのABS接着剤を購入!ABS接着剤は粘度が高めでプラの合わせ目には流し込めない様なタイプで、キャップに付属の筆も白ビンのサイズの太さなので、使い終わった流し込みタイプの筆を探して変更しようと思います。

脚回りを組んで Mrカラーのセミグロスブラックで塗装、ABS素材は表面がややツルツルしているようなので、薄めにエアブラシをしたら特にエッジの部分の塗装が逃げてしまいました、もっと濃いめに吹けば良かった、、、

この辺の塗料と薄め液の配合比率はいつも適当というか勘で混ぜ合わせているのですが、今回は失敗でした。

次の日、ABSが割れてしまった箇所があり、応急処置しました。

やはりインスト指定のタミヤカラーor下地にプライマーを吹かないとABSへの塗装はダメなのかなぁ。

DSC00121.jpg

category: 国産旧車

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック